コバックニュース

コバックニュース 2019/09/26

ドライブレコーダーの選び方
  • facebookボタン
  • twitterボタン
  • lineボタン

ドライブレコーダーの大切さ

近年、危険なあおり運転や事故などドライブレコーダーで記録した映像が、頻繁に取り上げられています。その映像による状況再現性の高さや証拠能力に注目が集まり、ドライブレコーダー人気は急上昇中なんです!

 

愛車を守るためにぜひとも搭載したいドライブレコーダーですが、多機能であることからどのドライブレコーダーを選べば良いのか迷う方も多いと思います。そこで、今回はドライブレコーダーの選び方についてご紹介いたします。

ドライブレコーダーを選ぶ際の基準 その1:画質

ドライブレコーダーを選ぶ上で一番大切なのが「画質」です。 事故やあおり運転にあったときに重要なのは「相手のナンバーがしっかり確認できる」ことです。


事故やあおり運転の記憶だけでなく、ドライブレコーダーの映像が捜査に役立つので、画質が悪く肝心のナンバーが読み取れないと、取り付けた意味がなくなってしまいます。


ナンバーをしっかり読み取るには、できるだけ良い画質のドライブレコーダーを選びましょう。


画質のよさは、主に「解像度」「画素数」で表されます。

解像度は「1920×1080(フルHD)」、画素数は「200万画素」以上を目安に選ぶとよいでしょう。

その2:画角

事故は必ず真正面で起こるとは限らなく、たとえば斜めから当てられた、ということも十分に考えられます。なので視野角が広いほど安心できます。


ドライブレコーダーの画角には「横の撮影範囲」(水平画角)、「縦の撮影範囲」(垂直画角)、「斜めの撮影範囲」(対角画角)の3つがあります。

 

このうち最も重要なのが「横の撮影範囲」(水平画角)で、各メーカーによって平均値はまちまちなのですが、できれば108°以上で、さらなる安心を得たいなら120°以上の水平画角を持つ機種を選んでおくことをおすすめします。

その3:前後撮影

2つのカメラで前後撮影ができるドライブレコーダーが今、人気なんです!

単体のドライブレコーダーは正面から撮影しますので、たとえば後方から追突された場合やうしろからあおられた際には撮影することができません。しっかりと後方も撮影できるカメラがあると安心ですよね。


そして可能なら「駐車監視機能」がついているドライブレコーダーをおすすめします!


駐車監視機能には、衝撃を感知して録画を開始するタイプ、常に録画しておいて衝撃を感知すると前後の動画を保存するタイプ、動体を検知して録画するタイプの3種類があります。

 

事故は、クルマが動いているときだけとは限らないので、できるだけ駐車監視機能付のドライブレコーダーを選びましょう。

まとめ

ドライブレコーダーにも多種多様の機種が発売されています。


選び方のポイントは「画質」「画角」「前後撮影」の3つです。


愛車にドライブレコーダーをつけて安心・安全なカーライフをお過ごしください。

なにかお困り事がありましたら、車検のコバックでご相談に乗りますよ!